WordPressで更新に失敗し続けるときの裏技

またしても、前回の節分から2週間以上。
本当に時間たつの早いし、こういうのは一度中断するともうダメですね^^;

今日は2月22日というゾロ目にしてばあちゃんの誕生日🎂

さて、先ほど、光回線が2年間無料!についての記事を更新していたところ、いつも見かけない「更新に失敗しました。」の嫌な文字が画面上に出続け、右上の「更新」を押したところ、まさかの「更新に失敗しました。」

いや~な予感がしましたが、案の定、何回押しても更新できず。

また全てパーになって泣き寝入りか、と思い、検索してみるものの、プラグインがどうとかエディターがなんちゃらとか、訳の分からない専門用語並べたようなゴタク問答しか現れず。

こんなもの、専門家以外クソも役に立たないんですよ。

ということで、僕なりに推測した、原因と注意点、起死回生を果たした裏技です💡

原因と注意点

先日からパソコンを付けて、このWordPressの編集画面も開きっぱにしたままノートパソコンの画面を閉じ、スリープ状態にしていました。

それを開いて編集したため、本当は時間経過でログアウトされていたところ、文字の入力や加工だけは表面上できたものの、更新はできなくなっていたのかもしれません。

と言うことで、長時間開いていたときはそのまま編集をせず、いったんログイン/ログアウトなどしてから編集し、少しいじってから「更新」ボタンがちゃんと効くかも確認しましょう。

起死回生を果たした裏技

別のブラウザでもう1つWordPressの編集画面を開き、そちらに今まで編集、加工してきた文章をブロックごとにコピペしました。

新たにログインして開いた方の編集画面は正常に更新できたため、そちらにコピペで移植しました。これなら、そんなに時間もかからず移せます💡

今日はとても手短でしたが、参考にしていただければと思います。