新型コロナウイルスの予防で最も重要なこと

先日に引き続き、新型コロナウイルスについて書いていきます。本当に最近、いろんなこと、案件が忙しすぎて、全然このブログも書けていませんが笑

さて、前回は、久しぶりにしてホットな新型コロナ関連の話題でありながら、少しひねくれた内容をぶっこんでしまいましたが笑、今回は、オーソドックスでどなたにでも役立つと思った内容です。これは、他のあらゆる病気、風邪からガンの予防にまで共通し、ダイエットや美容、そして節約にさえ役立つ内容だと思いますので、ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。

新型コロナウイルスの予防法

これについては、その感染力の強さや強毒性から、あらゆる一般的な対策が提示されています。

・密集・密接・密室の「3密」を避ける
・マスクをする
・こまめな手洗いうがいをする

特に、このマスクが重要視され、各地で品薄状態となっています。また、消毒液やアルコールも同様に品薄となっています。

どちらも、まぁ重要は重要なんですが、その意味は、自分が知らぬ間に感染していた場合、他人に移してしまわないように、と言う意味で重要だと思います。

で、あまり周知されていませんが、自分が感染しない、あるいは、感染しても発症しない、軽症で済むようにするため、最終的に最も重要なことは免疫力を落とさないことだと思います。

風邪のウイルス(その20%はコロナウイルス系)でさえ、倒せる薬はなく、最後は免疫力だけが頼りになります。特効薬が開発されていない現状、コロナウイルスも同じでしょう。現に、コロナウイルスで亡くなった有名人、志村けんさんは喫煙にお酒に、、、、岡江さんも乳がんで治療を、、、、身体に負荷をかけ、免疫力を落としていたのでしょう。

この他、一般人でかかった方も、必ず全員、何かしら免疫力を落とすような要因があったとまで確認したわけではありませんが、そうした要因があった方も多かったのではないでしょうか?

なので、やはり、特効薬もない現状ならなおさら、免疫力を落とさないこ以上に重要で決定的な予防法はないでしょう。あれば、教えていただきたいです^^;

免疫力を高める方法

免疫力を落とす要因として、食生活の偏りや生活時間の乱れ、疲労、睡眠・運動不足、喫煙、ストレス、過度の飲酒などがあげられます。私はお酒も喫煙もほとんど無縁ですが、経験上、この中でもストレスや悩みは目に見えて免疫力を落としたと思います。

一番は、恋愛関係で撃沈した時は、直後に大風邪を引いてかなり長引いた一方、風邪の後半で新たな異性と連絡先交換してやり取りをし始めたときなど、一気に快復していった記憶があります。そのため、恋愛絡みが免疫力に与える影響はとてつもなく大きい、というか、私の経験の中では最も大きかったと思います笑

恋愛関係はあまり当てはまる人も限られるので、もっと一般的な体験談をお話しすると、やはり、仕事やプライベートが忙しくなったりと、疲れやストレスを感じると風邪気味になることが多かったと思います。なので、やはり、こうした疲れやストレスは免疫力を下げる大きな要因になるのでしょう。

そして、以上のような突発的な要因ではなく、日常の生活スタイルとして、とても重要なことが、少食を心がける、というところでしょう。

免疫力の約7割くらいは小腸に集中しています。そのため、小腸に直接負担を掛ける過食は免疫にも大きな負担を掛け、結果的に免疫力を下げてしまうのです。実際、満腹になるまでがっつり食べた後は、どうもしんどくて体調がすぐれなかったり、夜がっつり食べた翌朝は起きるのがしんどかったりなど、経験ないでしょうか?

このように、免疫に大きな負担を掛ける大食いを続けると、次第に免疫力が低下して心身の調子が落ちてきます。また、大食いと言えば、肥満や生活習慣病なども有名ですが、これらは免疫力低下と密接相互のものではないでしょうか。

そして、大食い(特に肉食)を続けると、腸内環境も悪化するため、便秘からの肥満など、美容にも悪影響が出てきます。

少食→腸内の負担を減らし環境改善→免疫、美容健康全てアップ❗

少食は腸内環境を改善して免疫をアップ、身体のあらゆる問題を解決してくれるという黄金の公式です✨

少食の経済効果

少食は腸内環境を改善して免疫力を上げてくれる、という話しをしました。このことと関連する部分もありますが、少食はあなたの生涯に大きな経済効果をもたらします!

・少食により食費が下がる💰
・少食により食事の時間や洗い物の時間、コストが下がる💰
・少食により健康になる結果、高額な医療費が掛からなくなる💰
・少食により美容と健康が改善され、苦しいダイエットやそれに必要なコストも掛からなくなる
💰

これを生涯積み重ねると経済的にも、そして時間的にも、数百万円は超え、それこそ1,000万円くらいの効果になるでしょう。

このように、少食と言うのは、美容・健康・節約など、良いこと尽くしなので、今食べる量が多く、減らした方が良いのかな、なんて思ってる方はぜひとも、この機会に少食体質への改造を始めてみるといいかもしれません。それこそ、経済的効果を考えると、今後数百万円の副収入を得るための副業と同じくらいの気持ちで取り組むとモチベーションも上がるかもしれません。

また、お子さんを育てている方は、1,000万円持たせるのと同じことだ!という気持ちで、お子さんの食生活を考え、ある程度大きくなって成長期を過ぎて来たら、少食の大切さについてもしっかり教育していくといいでしょう。1,000万円のお金を用意して子供に持たせることは、教育上の良し悪しはともかく、非常に難しい、不可能だ、という方が多いでしょう。

でも、生涯にわたって1,000万円分の価値になり得る知恵を持たせてあげることはできるはずです!

ドイツの諺ですが、1日3食、2食は自分のため、残りは何と、医者のため!という恐ろしい話しがあります。これは、人間は本来1日2食で十分なところ、もう1食は食べ過ぎで、これによって病気になり、医者を儲けさせるもの、という意味のようです。

ドイツではこんなことが諺としてでも示されているだけいいですね。日本では、朝食はしっかり食べて、昼夜もしっかり食べることが健康に良いと刷り込まれています。これは、日本の政府と医療業界と薬業界が闇のトライアングルを形成していると言われることにも理由があるのでしょうか。医療業界と薬業界の強大な権益のため、あえて1日3食という刷り込み教育を崩さないのかもしれません。

まぁ、ここまで来ると陰謀論チックにもなるので、信じる信じないなどご判断は皆さんにお任せします^^

少食の威力は最強

以上、少食は、コロナウイルスをはじめとするあらゆる病気、風邪からガンの予防にまで共通し、ダイエットや美容、そして節約にさえ役立つということで、それは経済的にも非常に大きな効果をもたらします!

なので、少しでも早く、少食体質にしていくこと、それがコロナウイルスの予防はもちろん、美容・健康、さらには節約にもつながっていくので、コロナを予防に加え、今の生活を改善したい方は、ぜひとも心がけていくとよでしょう💡

さて、次は、そんな少食体質に変えていく方法について、僕の実体験を踏まえてあげていきたいと思います。