初心者におすすめな仮想通貨の種類

仮想通貨に未来を感じて始めてみようと思ったものの、どこでどんな種類の通貨を買ったらいいか分からない。そんな悩みにお応えするため、僕が2年以上仮想通貨を扱ってきた上での体験を元に、お話しします。今日の記事は、どんな種類の通貨がよいかについて書いていき、次回の記事で、どこで仮想通貨を買えばいいかについて書きます。

どのような通貨がいいか

現状、仮想通貨の種類は、細かい草コインと呼ばれるものも含めると、一応流通してCoin market Capなる超大手サイトに登録されているだけで1,500以上とも言われており、その中で、あるものは突然数十倍に上がったりもして(仕手w)います。

この、突然価格が数倍とか数十倍につり上げられる通貨は無名のもので、仕手と呼ばれるものがほとんどです。仕手というのは、株式でもありますが、価格をつり上げたい者たちが自分たちの仕込みで初動を起こし、併せて価格の高騰について流布し、素人たちを買い煽ります。

無名で時価総額が低い通貨は特にこうした価格操作がしやすいんですね。

素人たちも乗ってきて価格がつり上げられたところで、仕掛けていた者たちが売り抜け、一気に価格が暴落し、高値で釣られて買った素人たちは大損するわけです。

この現象は、2,017年のスーパーバブル時にメジャー通貨でも起こっており、例えば、最高400円近くを記録したリップル(XRP)や240円を記録したネム(XEM)なんかが特に顕著でした。ご興味ある方は当時のチャートをご覧いただければと思いますが、言ってしまえば、当時のスーパーバブルは、それ自体が大きな仕手だったと言えるかもしれません^^;

で、話しを戻しますと、これから仮想通貨を始めるのであれば、そうした無名の通貨をギャンブルチックに狙うより、メジャーで時価総額も高く、内容や将来性もしっかりしているものを資産として保有していくのがよいでしょう。

どの種類の通貨がいいか

リップル(XRP)

まず、仮想通貨と言えば最初にビットコイン(BTC)が出てくる中、僕が今一番おすすめできて再購入を狙っているのは、リップル(XRP)です。

リップルとは、 アメリカに本拠を置く「Ripple, Inc.(リップル社)」 という企業が開発したプラットフォーム及び通貨で、用途は主に国際送金に特化されています。このシステムを使うと、今まで国際送金に数日の時間と数千円の手数料がかかっていたのが、4秒という瞬間に1円未満の手数料で済むようになるのです!

イメージとしては、下図の通り、ある国の通貨を、XRPを介して送金先の通貨に変えて送金するというイメージです。

リップル社は、10年も前から世界中の大手金融機関や企業と提携を進めており、最近では一国の中央銀行なんかも提携し、採用に向けて動いているのです。

見覚えのある国内有名企業も含まれていますね^^

で 、仮想通貨全般そうですが、多くの銘柄には発行枚数というのが定められていて、リップルも同様です💡

リップルは、総発行枚数1000億枚で、そのうち約半分が市場に流通し、残りはリップル社が保有しています。リップル社が保有するリップルは、毎月少しずつ市場に放出されています。

仮に1,000億枚全てのリップルが市場に流通し(大方何割かはリップル社や投資家が抱え込み、市場には出回らなくなるでしょうけど)、世界中の国際送金に利用された場合、リップルの時価総額は世界中で行われる国際送金の総額とほぼ一致することになります。

なぜなら、1000兆円の国際送金が行われる場合、その額をいったんリップルに置き換える必要が出てくるため、そうなると、リップルの総額も1,000兆円必要ということになります。

そうなると、1,000兆円を1,000億リップルで賄うには1リップル=1,000兆÷1,000億=10,000円 ということになりますが、実際はこれをさらに上回ってくることになります💰

なぜなら、1,000億枚のリップルのうち、多くがリップル社や投資家たちに抱え込まれると思われること、また、リップルは、送金ごとに 0.00001XRP 消費されることになっています。

リップルバーンレート(XRP burn rate)により、どのくらい消費されているかを確認できますが、未だ仮想通貨取引が少ない現状でも、多いときで1分間に1XRPは消費されているようなので、今後取引が活発になれば、かなりの消費量となり、それによってもどんどん価格上昇が見込まれることになりますね。

さらに、リップルは、VISAやMASTERなどクレジットカードとの提携や、お店での決済(レジでの支払いやネットでの買い物)にも利用されそうな動きもあるようです。

ここまでくると、1リップル数万円とかの世界も見えて来そうですね💡

そんなリップル、今はたったの30円前後で推移しており、伸びしろを考えると、どの通貨より大きく、期待が持てそうです!

そして今、リップルには、短期的にとっておきのネタがあり、これこそが、急を要し、先日までの携帯電話関係のネタを中断してまで急きょこの話しを入れた理由でもあります。

ビットコイン(BTC)

言わずと知れた、仮想通貨の元祖にして王様。他の通貨は、先ほどあげたリップルなんかも含めてアルトコイン、すなわち替わりの(Alternative)通貨と呼ばれるほど。また、他の通貨は、ビットコイン建てで、○○○/BTCなどと表記されるほど、不動の基軸通貨としての地位を築いています。

「ビットコイン 画像」の画像検索結果

そんなビットコインは、現在、100万円をなかなか割らない状態で120万円くらいまでの値幅を推移していますが、将来的にはデジタルゴールド、すなわち、金から置き換えられた場合、その時価総額を発行可能枚数2,100万BTCで割ると、1BTCあたり4,000万円ほどになる可能性があると言われています。

そして何より、ビットコインは、他のアルトコインと比べ、デジタルアセット(電子資産)として淘汰に勝ち残っていく勝算が最も強いのではないか、とも考えられています。

ただ、現状、価格が100万円ほどで、過去の最高値も220万年ほどなので、リップルの20円→400円の実績を考えると、短期的な爆益を狙うのは難しいでしょう。

そのため、次世代型の金を安いうちに保有していく感覚で、少しずつ、資産として保有していくのがいいのかと思います。

イーサリアム(ETH)

ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額と注目を集める通貨で、こちらは、2,018年明けに18万円ほどの高値を記録し、現在は2万円ほどで推移しています。

イーサリアムもブロックチェーンの暗号技術を利用し、取引情報を記録していくという点でビットコインと共通していますが、「スマートコントラクト」という技術をも組み込んでいる点が、ビットコインとの大きな違いです。

コントラクト(contract)とは契約を意味し、それをスマートに実行させるための技術、すなわち、いつ誰に対していくら送金するか、互いに実行する契約内容をあらかじめ決めておくことができる機能です。

要は、自動販売機のようなもので、これを不動産取引から日常の買い物、ギャンブルなどあらゆる契約や権利関係の移転に応用することで、片方が契約を果たした(履行した)のにもう片方が破った(不履行)というような詐欺の撲滅も期待されます。

また、イーサリアムは、ネットワーク基盤でもあるため、これを元に様々な仮想通貨が作られいるものでもあるため、そうした意味で多くの実需も期待されています。

新しいく仮想通貨が出てくるとき、これは「イーサリアムベースのトークン」だ、なんて表記を見かけることがあると思いますが、まさにこれです。

イーサリアムも、過去18万円まで価格を伸ばした実績があるうえ、ビットコインに次ぐ時価総額と注目度を誇りながら、現状2万円程度と割安であるため、短期・中期的に見ても、伸びしろはかなり大きいと思われます。

以上が、僕なりに、一番最初に持ってみるべきと思われる仮想通貨のTOP3でしたが、他にもいろいろな仮想通貨があり、それぞれについても詳細に説明しているページなどたくさんあると思いますので、ぜひ覗いていただければと思います。

次回から、いよいよ、そうした仮想通貨をどこで買えばいいか、知らないと、いざというとき本当に大損する話しなので、ぜひ参考にしていただければと思います✍